カラーリング小変更②

スポンサー リンク

カラーリング小変更②_00
カラーリング小変更①」でカラーリングを小変更したGROM(グロム)に、「ゼッケンベース」を追加した。

レースに出場する際、当然ながらゼッケンの装着が義務付けられる。
GROMの場合、皆さん結構苦労していて、リヤ(のサイド)への装着がレギュレーションで義務付けられている場合は、ゼッケンプレートを追加するか、そういう形状のテールカウルを装着するしか方法はない。

一方、サイドへの装着が認められている場合も多く、この場合は特別なカウルを装着する必要はない。
ただし、そのまま数字(ゼッケン)だけ付けても判りにくいので、ゼッケンベースがあったほうが良い。

管理人の場合、固定ゼッケンではないのでその都度変わり、貼り替える必要がある。
一方ゼッケンベースは貼り替える必要がなく基本的にそのまま使用できるため、どうせならちゃんとしたものを作ろうと考えた。

カラーリング小変更②_01
まずは一番面積の大きいシュラウド部分。
今回ゼッケンベースは白地にするので、カットした白のカッティングシートを貼り付け、その周囲をライトブルーで縁取り。

カラーリング小変更②_02
シュラウドとつながるサイドカウルにも、一部にベースの白を貼り同様に縁取りする。

カラーリング小変更②_03
エア・アウトレット風の部分にも、ベースの白とライトブルーの縁取り。
今回はベースを貼るのに邪魔となるスリット風のリブ部分はカットして撤去した。
また、ついでなので黒の部分にはカーボン調のカッティングシートを貼ってドレスアップ(笑)

カラーリング小変更②_04
これらの部品を組み合わせると、こんな感じになる。

カッティングシート貼りはいつもそうだけど、片側はやっててとても楽しいんだけど、反対側にまた同じ作業を施すのは全然楽しくなくツライ…

今回はここまでを割とサクッと紹介したけど、実はかなり時間が掛かってて大変な作業。
管理人は昔ゼッケンを頻繁に作る必要があった頃に買った、カッティングシートを自由にカットする機械(カッティングプロッター)があるので、パソコンでデザインすれば同じものが何枚でも作れ、左右反転も簡単。
手作業だけでやるとすると、結構大変かも知れない…。

カラーリング小変更②_05
左右ともに完了したら車体にカウルを戻し、ゼッケンベースが完成!

後は必要な時に、上からゼッケンを貼ればOK。

レースによってはゼッケンベース(やゼッケン)の位置や大きさ、色がレギュレーションで指定されている場合もあるけど、管理人の場合は取り敢えずこれでOK。

いちいち貼ったり剥がしたりは面倒なので、ゼッケンベースは普段もつけたままのつもりでデザイン・制作し、街乗りでもつけたまま。

ゼッケンベース自体はスゴくカッコいいものではないけど、なんか「レースにも使ってます!」感があって、なかなかイイでしょ(笑)!?

スポンサー リンク

  • 作成(更新):2016年07月27日 20:56
  • コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    59R

    Author:59R
    Let's Gromへようこそ!
    GROMのカスタムやメンテナンスを中心としたブログです。

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
     
    当サイトはリンクフリーです。
    当サイトの画像、図面、記事の全ておよび一部の無断転載を禁止します。
    当サイトの情報に基づくいかなる故障・事故・損害に関し、一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考とする場合は、自己責任にてお願い致します。
    当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。