カラーリング・シミュレーション

スポンサー リンク

カラー・シミュレーション_00
カラーリング小変更①」でGROM(グロム)のカラーリングを小変更する際に検討した、カラーリングのシミュレーションを紹介。

カラー・シミュレーション_000
管理人のGROMは2014年式の白(パールヒマラヤズホワイト)。
ホイールがブラックからゴールドになって、全色ブラックだったシートカウル部分もボディ同色になったモデル。

カラーリング小変更①」で紹介した通り、このGROMのシュラウド部分のカウルを、他の純正部品に交換してイメージチェンジをしようと考えた。

検討した際に存在した純正カウルのカラーは下記の4色(白を除く)。
 ・青(Candy Pisces Blue、タイ仕様のみ)
 ・赤(パールバレンタインレッド)
 ・黄(パールクィーンビーイエロー)
 ・黒(アステロイドブラックメタリック)

まずは白GROMのシュラウド部分を、上記カラーの純正部品に「そのまま交換した場合」のシミュレーション。

カラー・シミュレーション_004
(↑)青(Candy Pisces Blue、タイ仕様のみ)の場合

カラー・シミュレーション_003
(↑)赤(パールバレンタインレッド)の場合

カラー・シミュレーション_001
(↑)黄(パールクィーンビーイエロー)の場合

カラー・シミュレーション_002
(↑)黒(アステロイドブラックメタリック)の場合

・・・各色それぞれ印象が変わって、どの色も悪くない!

しかし、そのままだと管理人的には少し物足りない感じがしたので「カラーリング小変更①」に書いたように、サイドカウルとの境界部分にカッティングシートでラインを入れて、もうひと手間。

カラー・シミュレーション_008
(↑)青に「ライトブルー」のラインを入れた例。

カラー・シミュレーション_007
(↑)赤に「ブルー」のラインを入れた例。

カラー・シミュレーション_005
(↑)黄に「オレンジ」のラインを入れた例。

カラー・シミュレーション_006
(↑)黒に「グレー」のラインを入れた例。

・・・最初に紹介した「そのまま交換した場合」より、ラインを少し入れるだけで、かなり印象が変わるのがお分かり頂けるはず!

純正色4色に対して何色のラインを入れるか、で印象はかなり変わってくるので、センスの見せ所!
管理人はこんな感じでシミュレーションし検討した結果、最終的に「ブルー+ライトブルーのライン」に決定した。

ラインはカッティングシートで簡単に入れられるので、皆さんもイメージチェンジを図ってみてはいかがでしょう!?

・・・と、これだけだと白GROMに乗ってる人だけしか参考にならないと思うので、赤・黄・黒のGROMオーナー向けシミュレーションも用意!
(シュラウド部分を他の純正色に変更した場合のみ、だけど…)

カラー・シミュレーション_009
(↑)赤(パールバレンタインレッド)の場合。※クリックで大きな画像を表示

カラー・シミュレーション_010
(↑)黄(パールクィーンビーイエロー)の場合。※クリックで大きな画像を表示

カラー・シミュレーション_011
(↑)黒(アステロイドブラックメタリック)の場合。※クリックで大きな画像を表示

以上!

スポンサー リンク

  • 作成(更新):2016年07月20日 20:39
  • コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    59R

    Author:59R
    Let's Gromへようこそ!
    GROMのカスタムやメンテナンスを中心としたブログです。

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
     
    当サイトはリンクフリーです。
    当サイトの画像、図面、記事の全ておよび一部の無断転載を禁止します。
    当サイトの情報に基づくいかなる故障・事故・損害に関し、一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考とする場合は、自己責任にてお願い致します。
    当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。