ローターボルト変更(スピードセンサー用)

スポンサー リンク

ローターボルト変更_00
GROM(グロム)のリヤブレーキディスクのローターボルトを変更した。

マルチメーター(ACEWELL ACE-6552)取付け [その2]」で、SP武川のスピードセンサーを取付けるためにローターボルト3本をステンレス製に交換し、1本をセンサー反応用に鉄製のボルトにしていた。

マルチメーター_25
この鉄製の1本はディスクローター用ではなく、ごく普通の六角ボルトを使用していた。

しかし、ローター専用のボルトはボルトの締付け力だけでディスクを固定しているわけではなくて、円筒のボス(?)部分でディスクとホイールとの間に生じるせん断力を受け止めるようになっている。

おそらく、4本中の3本にローター用のボルトを使用していれば強度的には問題ないと思うが(今までは何の問題もなし)、本来の強度確保のため、それより何より見た目を良くするため、専用のボルトを設計・製作した。

※市販の鉄製ローターボルトは頭が六角"穴"の"キャップボルト"なので、スピードセンサーが穴のせいで2度反応してしまう。これを避けるためにはセンサーの中心をボルトの中心からズラせば良いのだが、SP武川のセンサーホルダーを使いたかったため、今回は頭に穴のないローターボルトを製作した。

ローターボルト変更_04
製作したボルトがコレ(↑写真右)。
写真左が通常のローターボルトで、頭が六角"穴"のタイプ。
これだとボルトが1本通過してもセンサーが2度反応してしまうので(センサーがボルト中心にある場合)、ボルトの頭を凸の六角としたローターボルトを製作した。

図面は、コレ(↓)

【注意事項】※本事項を承諾した方のみ、図面をダウンロード、ご利用下さい。
・当方では製作は行っておりません。
・「個人 オーダーメード 加工」等でWEB検索し、個人向け部品製作サービスを利用して下さい。
・本品に関わるトラブル、事故、損害等について、一切の責任を負いません。
・本品および図面は個人ユーザー向けに公開するものであり、商用利用および図面の無断転載を禁止します。

※クリックするとPDFが開きます。(ブラウザの機能を利用して、ダウンロード・保存して下さい)
JC61-LG13-001
↑JC61-LG13-001

ローターボルト変更_03
とりあえずで付けただけの普通のボルト(写真左)から、今回製作したローターボルト(写真右)に変更すると、こんな感じ。

まぁ、些細なこだわりだけど、自分的には「とってつけた感」がなくなって、満足です♪

スポンサー リンク

  • 作成(更新):2015年05月22日 19:40
  • コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    59R

    Author:59R
    Let's Gromへようこそ!
    GROMのカスタムやメンテナンスを中心としたブログです。

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
     
    当サイトはリンクフリーです。
    当サイトの画像、図面、記事の全ておよび一部の無断転載を禁止します。
    当サイトの情報に基づくいかなる故障・事故・損害に関し、一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考とする場合は、自己責任にてお願い致します。
    当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。