チェーン交換

スポンサー リンク

チェーン交換_00
GROM(グロム)のチェーンを交換。

GROMの純正チェーンは、ノンシールタイプ。
実はノンシールのバイクを所有するのは初めての経験なので、いつも(シールチェーン)の感じでまだ大丈夫だろうと思っていたある日、チェーンの張りを確認してみてビックリ!

購入してから期間にして1年、距離にして2,000kmちょっとだけど、メチャめちゃチェーンがダルダルになってた…(汗)
(もっとマメにメンテするべきなのは当然ですが…)

ということで、早速チェーンを交換することにした。

チェーン交換_03
購入したのはコレ(↑)。
・RK GB420HRU(レーシングチェーン) [110リンク]

GB420HRURK レーシングチェーン GB420HRU

メーカー:RK(アールケー・ジャパン)
品番:GB420HRU
仕様:シールチェーン
必要リンク数:106L(GROM純正)
「RK レーシングチェーン GB420HRU」を探す ⇒ 楽天 / Web!ke

最初はストリート用の「GS420MRU」にしようと思ってたが、店頭に在庫がなかったためレーシングチェーンであるGB420HRUを試してみることにした。

ちなみにGROMの標準リンク数は106で、市販されているチェーンの場合は110リンクの物を購入し、切り詰めて使用する。
Web!keから購入する場合はリンク数を細かく指定できるため、106リンクで購入可能!こちらだと無駄がなく切り詰める手間も掛からないのでオススメ!

では、交換作業開始!

まず始めにリヤアクスル・ナット&チェーンアジャスター・ナットを緩め、タイヤを車体後ろから前方向へ押し(蹴り、笑)、チェーンアジャスターを緩めておく。
(伸びたチェーンに合わせてある状態のままでは、新品のチェーンが収まらないため。)

チェーン交換_02
タイヤを回し、チェーンジョイント(クリップが付いているコマ)を探し、作業しやすい位置に移動させる。
(GROM純正チェーンの場合、このコマはピンク色に着色されている。)

続いてジョイントからクリップを抜き、クリップ側のプレートを外してジョイントのコマを取り外す。

クリップはラジオペンチでも取り外せるが、専用工具がオススメ!

チェーン交換_10
この専用工具(↑)は、工具の先端でも側面でもクリップの取り外し作業、取付け作業が出来る優れもの。
この記事の後半で紹介する、クリップを内向きにジョイントを取付ける場合は必須と言っても過言ではない工具で、あると便利!

ホーザン P-221
↑こんな感じで、先端でも側面でもクリップの取付け&取外しが可能。

ホーザン チェーンプライヤー P-221
メーカー:HOZAN(ホーザン)
品番:P-221
仕様:2WAY(先端、側面)
その他:マグネット付
「チェーンプライヤー P-221」を探す ⇒ Amazon / 楽天

チェーン交換_04
純正チェーンのジョイントを外したら、いよいよ新しいチェーンの取り付け。

購入したばかりのチェーンはチェーングリスまみれになっているので(写真左)、そのまま装着するとすぐにプレートがよごれてしまう。
グリスが必要なのはシールの部分とローラーの部分だけなので、不要なグリス、具体的には両側のプレート面のグリスは装着前に拭き取っておくと良い(写真右)。

また、Web!keなどで106リンクのものを購入した場合は必要ないが、一般的な市販品の110リンクを購入した場合は、106リンクにコマを詰める必要がある。

チェーン交換_05
今回コマ詰めに使用したチェーンカッターはコレ(↑)。

NANKAI ミニチェーンカッター420/428

メーカー:NANKAI(南海)
仕様:420/428用
「NANKAI ミニチェーンカッター」を探す ⇒ Amazon / 楽天

ノンシール・チェーン用らしいけど、コマを詰めるだけなら問題なさそう。

チェーン交換_06
コマを詰める際は、
①まず切りたい場所を決め(間違えた場所をカットしてしまうと取り返しがつかないので、注意!)、そのコマをチェーンカッターに乗せる(左上)。

②「ピン抜き棒」をセットして、グイグリと締め込んでいく(右上)。この際、シールが押しつぶされるが気にせず作業する(笑)。
(チェーンカッター本体にはドライバーなどを通す穴が開いているので、そこにドライバーなどを通して作業すると◎)

③ピン抜き棒をある程度締め込んだら、一度取り外し、付属の「補助ピン」を入れて再度ピン抜き棒を締め込んでいく(右下)。

④チェーン側のピンが抜けるまで締め込んで、チェーンのカット完了(左下)。
※この写真ではチェーンのピンが完全に抜けてないが、抜けるまで作業する。

チェーン交換_07
新たに取り付けるチェーンの用意ができたら、古いチェーンに新しいチェーンをつなぐ。
もう一方の古いチェーンを引っ張れば…新しいチェーンが車体側に通される。
(この写真はチェーンのコマ詰め前に撮ったので、チェーンは長い状態。実際は新しいチェーンはもっと短い状態。)

チェーン交換_08
新しいチェーンが通ったら、ジョイントを取り付けて交換作業完了!
※クリップは取付け方向が決まっているので、注意すること。(チェーン進行方向にクリップの閉じた側がくるように)

純正ではジョイントのクリップが車体外側に向けて取り付けてあるけど、見ため的にクリップが内側向きのほうがカッコいいので、この向きで取り付けた。
この向きだと、一見すると"クリップ式"ではなくてビックバイクのような"カシメ式"に見えてカッコいい(?)

クリップが内側だと取付け・取外しの作業性は悪くなるが、前述したチェーンプライヤーがあれば、問題なし。

チェーン交換_09

チェーン交換_00
以上でチェーン交換完了!

純正の真っ黒なチェーンより、やっぱりゴールドチェーンの方がカッコいい♪

また、今回はレーシングチェーンを使用したので、走行してみてビックリ!
今まで(ビックバイクでは)チェーンを交換しても正直体感はできなかったが、今回は明確に軽さ・スムーズさを体感できた。

レーシングチェーンはマメなメンテナンスと早めの交換が必要にはなるけど、ビックバイクのチェーンと比べれば全然安いし、交換作業も簡単で工賃を払うほどでもないので、マメに交換することにしよう。

ちなみに、ストリート向けの「GS420MRU」は全コマがメッキのゴールド仕様なので、見た目はこっちの方がカッコいいです。
(今回の「GB420HRU」は内側コマは黒、外側コマも塗装のゴールド仕様。)

スポンサー リンク

  • 作成(更新):2015年05月14日 12:47
  • コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    59R

    Author:59R
    Let's Gromへようこそ!
    GROMのカスタムやメンテナンスを中心としたブログです。

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
     
    当サイトはリンクフリーです。
    当サイトの画像、図面、記事の全ておよび一部の無断転載を禁止します。
    当サイトの情報に基づくいかなる故障・事故・損害に関し、一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考とする場合は、自己責任にてお願い致します。
    当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。