ワイヤリング(オイルフィラーキャップ)

スポンサー リンク

フィラーキャップ ワイヤリング_00
サーキット走行時の必須事項、GROM(グロム)のオイルフィラーキャップをワイヤリング。

フィラーキャップ ワイヤリング_01
まずはオイルフィラーキャップにワイヤリング用の穴を開ける。
キャップを締めた状態で、ワイヤリングによってキャップの緩みを防止できる位置(=キャップを締める方向)を決め、テープなどでマーキングする。

※キャップが締まる位置は個体によって異なるので、穴を開ける位置、ワイヤを引っかける位置はこの写真の位置がベストとは限りません!

フィラーキャップ ワイヤリング_02
マーキングした側に、ドリルで穴を開ける。
今回はφ2.2mmの穴を開けた。

フィラーキャップ ワイヤリング_03
エンジン側にワイヤを引っかけるために、今回はこれ(↓)を使用する。
(友人とシェアしたため、写真には2個しかないけど、3個入りです。)
N PROJECT ワイヤリングプレート M6(3個入り)

メーカー:エヌプロジェクト(N PROJECT)
品番:53008
仕様:M6、ステンレス
入数:3個入り
「ワイヤリングプレート(M6)」を探す ⇒ Amazon / 楽天 / Web!ke

フィラーキャップ ワイヤリング_04
プレートを取り付けるクランクケースボルトを取り外し、プレートを挟み、ボルトを締め付ける。
・締付けトルク:10N-m(工具サイズ:8mm)

フィラーキャップ ワイヤリング_05
今回、ワイヤーは太さφ0.6mm、ワイヤリングには専用工具のワイヤーツイスターを使用した。
デイトナ プロセーフティワイヤー(φ0.6mm×25m)

メーカー:デイトナ(DAYTONA)
品番:26814
仕様:φ0.6mm、ステンレス
入数:25m
「プロセーフティーワイヤー」を探す ⇒ Amazon / 楽天 / Web!ke

デイトナ ワイヤーツイスタープライヤー

メーカー:デイトナ(DAYTONA)
品番:41769
仕様:オートリターン式
サイズ:全長215mm
「ワイヤーツイスター プライヤ」を探す ⇒ Amazon / 楽天 / Web!ke

フィラーキャップ ワイヤリング_06
では、ワイヤリング作業開始。

①ワイヤーをエンジン側フックに通し、半分で折り返す。
②ワイヤリング対象物(フィラーキャップ)の穴の少し手前の位置を、プライヤーでくわえる(写真・黄色の点線)。
③ワイヤーツイスターを使用して、プライヤーを加えた部分までワイヤーをツイストする。
④プライヤーを外し、ワイヤの一端を穴に通す。

フィラーキャップ ワイヤリング_07
⑤再びプライヤーでワイヤーを加える。
⑥ワイヤーをツイストする。
⑦ワイヤーを切断する。
(今回は穴から7~8mm残してワイヤーを切り、ワイヤー先端を穴の中に押し込んだ。)
⑧ワイヤリング完了!

基本的には他のボルト類も、同様の方法でワイヤリング出来るはず。

細かい部分だけど、意外とレーシーな雰囲気を演出してくれます(笑)。
サーキットを走らない人も、オシャレの一つとして実施してみてはいかがでしょう。

スポンサー リンク

  • 作成(更新):2014年11月20日 21:18
  • コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    59R

    Author:59R
    Let's Gromへようこそ!
    GROMのカスタムやメンテナンスを中心としたブログです。

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
     
    当サイトはリンクフリーです。
    当サイトの画像、図面、記事の全ておよび一部の無断転載を禁止します。
    当サイトの情報に基づくいかなる故障・事故・損害に関し、一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考とする場合は、自己責任にてお願い致します。
    当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。