フロントフェンダー オフセット

スポンサー リンク

Fフェンダー_00
ミニバイク・レースで主流のハイグリップタイヤを装着するため、フロントフェンダーをオフセット。

GROM(グロム)標準のタイヤサイズは、F:120/70-12、R:130/70-12。
これに対して、12インチ用のハイグリップタイヤは基本的にNSF100(NSR50)サイズのF:100/90、R:120/80-12が主流。

※ダンロップからTT93GPのGROM純正サイズが出てるけど、これはコンパウンドが他のTT93GPと違ってレース前提のハイグリップではなく、公道重視なので、選択肢からは除外。

このタイヤサイズの違いにより、タイヤ外径は下記の違いがある。
【F】120/70-12:約468mm ←→ 100/90-12:約485mm
【R】130/70-12:約488mm ←→ 120/80-12:約502mm ※値はTT93GPのもの

フロントタイヤ直径で+17mm、リヤタイヤ直径で+14mmの大径化。

リヤフェンダーはタイヤとの隙間に余裕があるので問題ないが、フロントフェンダーはタイヤとの隙間がかなり狭い。
よって、フロントはタイヤの半径が8~9mm大径化すると、フェンダーとタイヤとの隙間がギリギリになってしまう。
(個体差によっては干渉?)

⇒ノーマル状態でも「BT601SSの100/90-12」入りました!でも、かなりフェンダーとタイヤがギリギリ。
関連記事:「タイヤ交換(BT601SS)

レース・レギュレーションでも、GROMはフロントフェンダーへの(最小限の)加工が許可されているので、フロントフェンダーのオフセット・ステーを自作し、取り付けることにした。

Fフェンダー_01
用意した自作ステーと、特殊な皿ねじ。写真に写ってないけど、M6ナットも使用(6個)。
(皿ねじは、頭の部分が一般品より低い特殊ねじ)

設計上のオフセット量は12mmとした。

ステーの図面に関しては、下記記事を参照。
関連記事:「[図面]フロントフェンダー オフセットステー

Fフェンダー_02
ノーマルの状態。タイヤとフェンダーの隙間は、約11mm。

では、取り付け作業開始。

Fフェンダー_03
まず、左右3ヶ所(合計6ヶ所)のフェンダーを固定しているボルトを取り外す。
次に、ブレーキホースのステーを固定しているボルトを取り外し、フロントフェンダーを外す。

Fフェンダー_04
フェンダーを取り付けるステーに、作成したオフセット・ステーを皿ねじで固定する。

Fフェンダー_05
オフセット・ステーの穴に、純正ボルトと用意したM6ナットを使用してフロントフェンダーを取り付ける。

Fフェンダー_06
オフセット後の状態。
今回のオフセット・ステー取付けによって、フロントフェンダーはFフォークの軸方向に12mmオフセットする。
タイヤとフェンダーの隙間は、ノーマル:約11mm→オフセット後:約19mm。

Fフェンダー_07
数値だけ見るとたいしてオフセットしてないように思えるけど、写真で比較するとオフセット後の方が明らかに、タイヤとフェンダーとの隙間が広がっているのがわかる。

これで、NSF100サイズのフロントタイヤを入れる準備は完了。

後は、タイヤを入れるのみ!

関連記事:「[図面]フロントフェンダー オフセットステー
関連記事:「タイヤ交換(BT601SS)

スポンサー リンク

  • 作成(更新):2014年09月26日 19:04
  • コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    59R

    Author:59R
    Let's Gromへようこそ!
    GROMのカスタムやメンテナンスを中心としたブログです。

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
     
    当サイトはリンクフリーです。
    当サイトの画像、図面、記事の全ておよび一部の無断転載を禁止します。
    当サイトの情報に基づくいかなる故障・事故・損害に関し、一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考とする場合は、自己責任にてお願い致します。
    当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。