リヤ ブレーキホース交換

スポンサー リンク

リヤ ブレーキパッド交換で制動力アップを果たしたGROM(グロム)。
次はコントロール制(タッチ)向上のため、ブレーキホースをステンレス・メッシュ ホースに交換する。

…ホントは、リヤは純正ホースで十分なんだけど、見た目重視!で交換(笑)

フロント同様、車種専用キットではなく各部品をバラで購入した。

購入した部品は以下(↓)の通り。
Rメッシュホース_01 Fメッシュホース_02
①バンジョーアダプター(20°、ステンレス)②エアーフリーバンジョーボルト(P1.25、シングル、ステンレス)

①グッドリッジ バンジョーアダプター

メーカー:GOODRIDGE(グッドリッジ)
品番:B593-03C
仕様:20°、ステンレス、#3

「グッドリッジ バンジョーアダプター」を探す ⇒ Amazon / 楽天 /Web!ke
※当ブログの車両はリヤ マスターシリンダーの向きを前後反転させており、また、バックステップで大幅にステップ位置を上げることを前提にしています。
マスターシリンダーの向きが純正と同じ場合は、①は純正形状に近い「B597-03C(サイド20°)」をオススメします。


②グッドリッジ エアーフリーバンジョーボルト

メーカー:GOODRIDGE(グッドリッジ)
品番:992-32BNC
仕様:P1.25、シングル、ステンレス、#3

「グッドリッジ エアーフリーバンジョーボルト」を探す ⇒ Amazon / 楽天 / Web!ke

Fメッシュホース_01Rメッシュホース_02
③バンジョーアダプター(45°、ステンレス)④バンジョーボルト(P1.25、シングル、ステンレス)


③グッドリッジ バンジョーアダプター

メーカー:GOODRIDGE(グッドリッジ)
品番:B594-03C
仕様:45°、ステンレス、#3

「グッドリッジ バンジョーアダプター」を探す ⇒ Amazon / 楽天 / Web!ke

④グッドリッジ バンジョーボルト

メーカー:GOODRIDGE(グッドリッジ)
品番:992-03-32C
仕様:P1.25、シングル、ステンレス、#3

「グッドリッジ バンジョーボルト」を探す ⇒ Amazon / 楽天 / Web!ke

Rメッシュホース_03
⑤ユニバーサルホース(ステンレスソケット、スモークホース、全長485mm)

⑤グッドリッジ ユニバーサル ブレーキホース

メーカー:GOODRIDGE(グッドリッジ)
品番:B30445S
仕様:ステンレス フィッティング、スモークホース
ホース全長:485mm

「グッドリッジ ユニバーサル ブレーキホース」を探す ⇒ Amazon / 楽天

では、作業開始。

Rメッシュホース_04
まず、リザーブタンクのフタを開け、エア抜きの要領でブレーキフルードを抜けるだけ抜く。
※写真は、リザーブタンクを変更しています。

↓こういうものがあると、簡単にフルードを抜く作業ができ便利!

Rメッシュホース_06
リヤフェンダーを固定しているボルトを取り外し、リヤフェンダーを上に押し上げるとホースクランプがある。
このホースクランプを取り外す(工具サイズ:8mm)。

この際、スイングアーム側のステーは非常に弱く、ボルトだけを緩めようとするとステーごと曲がってしまう(最悪の場合折れてしまう可能性あり)。
必ずステー側を、写真のようにモンキーレンチ等で固定して作業すること。

Rメッシュホース_05
マスターシリンダー→キャリパーの順に、純正バンジョーボルトを緩め(工具サイズ:12mm)、純正ホースを取り外す。
この際、出てくるブレーキフルードが車体に付かないように、不要なタオルなどで受け止める。

Rメッシュホース_08
純正ホースの長さは、バンジョー中心間で約520mmだった。 参考まで。。

Rメッシュホース_07
純正ホース取り外し完了。

Rメッシュホース_10
マスターシリンダーに
 ・①バンジョーアダプター(20°、ステンレス)
 ・②エアーフリーバンジョーボルト(P1.25、シングル、ステンレス)

Rメッシュホース_09
キャリパーに
 ・③バンジョーアダプター(45°、ステンレス)
 ・④バンジョーボルト(P1.25、シングル、ステンレス)

を仮組し、写真を参考に、新しいメッシュホースを取り回す。

取り回しが決まったら、ホースにねじれなど無理な力が掛かっていないか確認し、各接続ソケット部を締め付ける。
ソケット部の工具サイズ:11mm(スパナ)
ソケット部の規定トルク:18~20N-m

Rメッシュホース_11
ブレーキフルードを入れ、エア抜きを行う。
エア抜きのやり方は…ネットで検索(笑)

最後に、漏れがないかどうか各部をチェックし、取付け完了!

Rメッシュホース_12
完成した状態。

ステンレス メッシュホースの感想は、ブレーキのタッチがすごく向上した。
ただ、デイトナの赤パッドとの組合せでは、やや必要十分以上な感じ…(笑)
パッドの制動力とメッシュホースのダイレクト感との相乗効果で、ドライではいい感じだけど、ウェット路面では若干ブレーキ操作がシビア(?)になった感がある。

性能だけなら、「純正ホース+デイトナ 赤パッド」がベストかも知れない…。

関連記事:「リヤ ブレーキパッド交換
関連記事:「フロント ブレーキホース交換

スポンサー リンク

  • 作成(更新):2014年08月23日 20:45
  • コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    59R

    Author:59R
    Let's Gromへようこそ!
    GROMのカスタムやメンテナンスを中心としたブログです。

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
     
    当サイトはリンクフリーです。
    当サイトの画像、図面、記事の全ておよび一部の無断転載を禁止します。
    当サイトの情報に基づくいかなる故障・事故・損害に関し、一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考とする場合は、自己責任にてお願い致します。
    当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。