ハンドル バーエンド装着

スポンサー リンク

関連記事:「ハンドル交換 [1/2] (ハリケーン フォワードコンチ2型)」
関連記事:「ハンドル交換 [2/2] (ハリケーン フォワードコンチ2型)」

ハンドルを交換した時に間に合わなかった、ハンドル バーエンドをGROM(グロム)に装着する。

ハンドルバーエンド_01
今回装着するのはコレ(↑)。
・「BabyFace ハンドルバーエンド
(品番:005-BES04BK、アルミ削り出し、ブラック、ショート、φ22、ハンドルバー内径:φ14-16/18-19mm、ロングインナーウェイト セット)

バーエンドも色々と種類が豊富で選択肢がたくさんだけど、のちにBabyFaceのレバーガードを付けたいため、今回はBabyFaceのバーエンドにした。
関連記事:「レバーガード装着

ハンドルバーエンド_02
バーエンドはこんな構造。
ボルトを締めると、アルミのカラー(?)がテーパー部分により押し広げられ、ハンドル内側にしっかりと固定される仕組み。
インナーウエイトは2分割されており、好みの重量に調節できる。

ハンドルバーエンド_03
重量は全部で約205g。
インナーウェイトの先端部分を外すと、約166gに変更可能。
(重い→ハンドルの振動を抑える効果"大"、軽い→ハンドルの振動を抑える効果"小")

今回は耐久レースなども考え、ウェイト先端は外さず、205gの状態で装着することにした。

ハンドルバーエンド_06
ちなみに、純正のバーエンドは単体:約45g/ボルト込み:55g。
今回のケースでは、純正より片側で約150gの増量となる。
(インナーウェイト先端を外すと約111gの増量)

ハンドルバーエンド_04
写真上:ハンドルにあてがうとこんな感じ。GROM用なら、ほとんどのハンドルに問題なく装着可能だと思われる。
写真左下:バーエンドをハンドルに挿入し…(写真は途中まで入れた状態)
写真右下:奥まで入れて、ボルトを締め付ければ、装着完了!

ハンドルバーエンド_05
装着後の様子。

ショート/ロング、φ22/30mmは好みが分かれるところか…。
う~ん、φ22はちょっと細すぎたなぁ・・;

…後日、φ30mmに変更しました(↓)!
関連記事:「ハンドル バーエンド変更(φ22mm→φ30mm)

スポンサー リンク

  • 作成(更新):2014年08月06日 19:32
  • コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    59R

    Author:59R
    Let's Gromへようこそ!
    GROMのカスタムやメンテナンスを中心としたブログです。

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
     
    当サイトはリンクフリーです。
    当サイトの画像、図面、記事の全ておよび一部の無断転載を禁止します。
    当サイトの情報に基づくいかなる故障・事故・損害に関し、一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考とする場合は、自己責任にてお願い致します。
    当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。