シート改善

スポンサー リンク

先輩GROM乗りの方々がやっている、純正シートの改善を実施。

目的は、
①シートの取り外し/取付けを容易に。
②着座時に微妙な位置にあるタンデム用ベルトの撤去。

①は皆さん感じているようで、対策・改善方法がネット上にたくさん載っていたので、その情報を参考にさせてもらい、シート裏のフックの位置を変更する方法で改善する。
②は自分の場合、着座時にタンデム用ベルトが微妙に邪魔というか、このベルトの上に座る形になってしまうので、潔く撤去する。もともとタンデムするつもりもないし、タンデムステップも外す予定なので…。
(※道路交通法上、登録上の乗車定員が二名の場合は、タンデムベルトがないと違反…だった気がする。外す場合は自己責任で!)

シート改善_001
(↑)このフックが、

シート改善_002
(↑)このキャッチ部分に入る…ハズなんだけど、位置が悪いらしく、シートの取り外し/取付けが一苦労、な状態。

シート改善_003
(↑)M6ナットを外して、タンデムベルトを外して、フックを取り外す。
タンデムベルトを撤去しない場合は、
[純正]シート--フック--タンデムベルト
     ↓
[改善]シート--タンデムベルト--フック
と、タンデムベルトとフックの位置を逆にすればいいらしいんだけど、今回はベルトは撤去するため、ベルトの厚さ分をM8のナットで代用。

シート改善_004
(↑)タンデムベルト部分の厚さは約5mm。

シート改善_005
(↑)今回はベルト部分の代わりにM8のナット(厚さ:約6mm)とM6の平座金(厚さ:約1mm)を使用。
純正(タンデムベルト部分)状態の5mm → 7mm(M8ナット+M6平座金)= 純正状態からの増加分:+2mm

シート改善_006
(↑)シートとフックの間にM8ナットとM6平座金を挟み、フックを取り付けて完了!

さてその効果は!?
…う~ん、多少改善した気はするものの、正直、”劇的”には変わらない感じ。。
もともとの状態でもフックとキャッチとの間にクリアランスはある感じだったので、'14は改善でもされてるのかなぁ・・。'13乗ってる知り合いは、これで「劇的に変わった!」って言ってたんだけど。。。

まぁ、多少作業性が改善されたのと、タンデムベルトがなくなって座る位置に自由度が出たので、◎とするか!

スポンサー リンク

  • 作成(更新):2014年04月17日 07:00
  • コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    59R

    Author:59R
    Let's Gromへようこそ!
    GROMのカスタムやメンテナンスを中心としたブログです。

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
     
    当サイトはリンクフリーです。
    当サイトの画像、図面、記事の全ておよび一部の無断転載を禁止します。
    当サイトの情報に基づくいかなる故障・事故・損害に関し、一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考とする場合は、自己責任にてお願い致します。
    当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。