バルブクリアランス確認・調整

スポンサー リンク

慣らし運転の1,000kmを終えたので、海外版オーナーズマニュアル推奨の「バルブ クリアランス確認・調整」を実施する。

バルブクリアランス調整_001
(↑)海外版オーナーズマニュアルでは、初回の1,000kmと以後4,000km毎にバルブ クリアランスの確認・調整を推奨している。

関連記事:「定期メンテナンス&部品交換の間隔について 」

【はじめに】
・エンジン冷間時に行うこと(エンジン温度35℃以下)。
・エンジンオイルはほとんど流出しないが、エンジンオイル交換時にあわせて実施すると良い。

バルブクリアランス調整_004
バルブ調整用カバーを止めているボルト4本を取り外す(工具サイズ:8mm)。
排気側(下側)のカバーをあけると少量のエンジンオイルが流出するため、ウエスや油受けを準備しておく。
(※多量のオイルが流出するわけではない。)

バルブクリアランス調整_002
エンジン左側のクランクシャフト回転用穴のキャップと、タイミング確認用穴のキャップを開ける。
(こちらは、ほとんどオイルは流出しない。)

バルブクリアランス調整_003
クランクシャフト回転用穴にソケットレンチを入れクランクシャフトを反時計回りに回転させ、タイミング確認用穴の切欠き[2]と、フライホイールに刻まれた"T"マーク[1]を一致させる。
※"F"マークもあるので間違えないように注意!

吸入側と排気側のロッカーアーム両方を手で動かし、軽くガタ(クリアランス)があり動く状態であることを確認する。
この状態が「圧縮工程での上死点」である。

※上記"T"マークを合わせても吸入側または排気側ロッカーアームにガタがなく少しも動かない状態である場合は、「排気工程」の上死点になっている。
その場合はクランクシャフトをもう1回転させ、必ずロッカーアームが2つともガタがあり少し動く状態(=圧縮工程の上死点)であることを確認すること。

バルブクリアランス調整_007
シックネスゲージを使用して、バルブステムとバルブ調整ネジとの間のクリアランスを測定する。

【バルブクリアランス 規定値】
 吸入側(エンジン上側):0.10 ± 0.02mm
 排気側(エンジン下側):0.17 ± 0.02mm

シックネスゲージは、例えば0.15mmをゲージを使用した場合、ゲージが挿入できない場合はクリアランスは0.15mm以下であり、挿入してもスカスカの場合は0.15mm以上、挿入した際に適度な抵抗感でゲージを動かせる場合が0.15mm、といった感じ。
また、0.17mmなどズバリのゲージがない値を測定する際は、複数毎を合計してその値となるように組み合わせて使用する(写真右)。

バルブクリアランス調整_008
クリアランスが規定値から外れている場合は、ロックナットを緩めて調整ねじによりクリアランスを調整する。
 ・ロックナットの締め付けトルク:9.0 N-m
ロックナットを締めたら再度、シックネスゲージによりクリアランスを確認し、規定値に収まるまで上記作業を繰り返す。

調整ねじは先端が四角形になっており、ラジオペンチ等でも回すことは出来るが、微妙な調整が必要な箇所であるため専用工具がオススメ。
またロックナットを締めつける際は、クリアランスが変わってしまわないように調整ねじを固定しながらロックナットを締める必要があるため、写真のようにロックナットと調整ねじの両方を同時に操作できる専用工具が便利!

バルブクリアランス調整_009
…便利!と書きつつ、吸入側はエアクリBOXが邪魔でロックナットを回せない。(排気側はこの専用工具で便利・簡単に調整可能。)
よって、吸入側の調整には9mmのメガネレンチが必要だったりする(汗)

クリアランスが規定値におさまったら、カバーを元に戻して作業完了!
(クランクシャフト回転用穴のキャップとタイミング確認用穴のキャップは、Oリングにエンジンオイルを少量塗布してから締め付けること。)

【各種 規定トルク】
 ・バルブ調整用カバー:10 N-m
 ・クランクシャフト キャップ:8.0 N-m
 ・タイミング キャップ:6.0 N-m

今回は新車から1,000km走行後に実施したが、クリアランスは吸入・排気ともに規定値におさまっており、確認のみで調整は不要であった。

最後に、使用した工具類を下記に紹介します。

バルブクリアランス調整_005
・ジェイテックツール シックネスゲージ FGS-32(32pcsセット)
セット内容(mm):0.02 0.03 0.04 0.05 0.06 0.07 0.08 0.09 0.10 0.13 0.15 0.18 0.20 1.23 0.25 0.28 030 0.33 0.38 0.40 0.45 0.50 0.55 0.60 0.63 0.65 0.70 0.75 0.80 0.85 0.90 1.00

「ジェイテックツール シックネスゲージ FGS-32」を探す ⇒ Amazon / 楽天 / Web!ke

バルブクリアランス調整_006
・ヒロチー CT-14-062 タペット アジャストレンチ セット (ロ型) ※ヒロチーのはキタコに比べて安いです!
(キタコ タペットアジャストレンチ [674-0900210]相当品)

「ヒロチー CT-14-062 タペット アジャストレンチ」を探す ⇒ 楽天 / Web!ke
「キタコ タペットアジャストレンチ [674-0900210]」を探す ⇒ Amazon / 楽天 / Web!ke

…以上。

スポンサー リンク

  • 作成(更新):2014年06月17日 19:43
  • コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    59R

    Author:59R
    Let's Gromへようこそ!
    GROMのカスタムやメンテナンスを中心としたブログです。

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
     
    当サイトはリンクフリーです。
    当サイトの画像、図面、記事の全ておよび一部の無断転載を禁止します。
    当サイトの情報に基づくいかなる故障・事故・損害に関し、一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考とする場合は、自己責任にてお願い致します。
    当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。