パーツを黒(ブラック)アルマイト化

スポンサー リンク

GROMに限らず、最近のバイクはフレームをはじめ各パーツが黒色であることが多く、アルミそのままの色の部品を使っていることが少ない傾向が強い。

管理人のGROMも、バックステップをシルバー(アルミ色)ではなく「ブラック アルマイト」を選択したことにはじまり、基本的に「ブラック」で統一していこうと思ってる。
よって、シルバー(アルミ色)の部品があると、悪い意味で目立ってしまう!

ということで、前々から部品の黒(ブラック)アルマイト処理だけをやってくれるサービスがあったらいいな、と思っていた。

今回、下記のシルバーしかないパーツを購入したことを機に、ネットで検索した業者にアルマイト処理を依頼した。

黒アルマイト化_001
(↑)これが今回、アルマイト処理を依頼する部品、G-craftの「リザーブタンクレス キット」。

以前はブラックのものもあったみたいだけど、現在はシルバーのものしか販売されていない。
どうしてもコレをGROMにつけたいけど、シルバーなのがどうしても気になってしまう…ので、これを黒アルマイト化してもらうことにした。

黒アルマイト化_002

黒アルマイト化_003
で、いきなり結果だけど(笑)、写真左が元の状態(シルバーアルマイト)で、写真右が黒アルマイト処理後。

すごい! めちゃめちゃキレイに仕上がってる!

ということで、処理費用もリーズナブルだし、処理もキレイだし、大満足!

これを知ったおかげで、黒アルマイトが選択できない製品でも悩まなくてすむし、自作部品でも黒アルマイト化できるので、今後いろいろと黒アルマイト化を依頼しちゃうかも。。

今回、アルマイト処理を依頼した業者さんは「アミエ」というところ。
 ・アルマイトは黒だけでなく、いろいろな色に処理可能。
 ・カーボンFRPの切り抜きサービスも行っているようなので、こちらもそのうち利用してみる予定。
 ・今回の黒アルマイト処理費用は、本体部:\1,000-、フタ部:\300-。
 ※ただし、今回の部品はシルバーアルマイト済みだったので、既アルマイト剥離費用としてそれぞれ本体:\300-、フタ:\100-が別途必要だった。 アルマイト処理されていないアルミ部品なら、上記のアルマイト費用のみ。
 ※処理費用はあくまで「参考」。形状・材質などにより、異なる。

パーツの「色」に拘りたい人は、利用してみてはどうでしょうか?

スポンサー リンク

  • 作成(更新):2014年05月28日 19:00
  • コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    59R

    Author:59R
    Let's Gromへようこそ!
    GROMのカスタムやメンテナンスを中心としたブログです。

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
     
    当サイトはリンクフリーです。
    当サイトの画像、図面、記事の全ておよび一部の無断転載を禁止します。
    当サイトの情報に基づくいかなる故障・事故・損害に関し、一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考とする場合は、自己責任にてお願い致します。
    当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。